外国人研修生ならカンボジアが旬!

アジアの新興国からの外国人研修生が、ここ数年の間に続々と日本にやってきています。

安心、信頼のカンボジアの外国人研修生はかなり有益な情報が揃っています。

若くて優秀な彼らの活躍には目を見張るものがあります。


外国人研修生を受け入れるというプロジェクトの狙いは、日本の企業でその高い技術力を学んだ研修生達が、数年後に母国に帰ってその技術を祖国のために還元するということですが、最近注目されているのがカンボジアからの研修生です。カンボジアからの研修生が一目置かれるようになったのは、カンボジア人の気質のひとつである「素直さ」ということと大きく関係していると言わなければなりません。



日本の企業で仕事をするには「和」を大切にしなければなりませんが、カンボジアの若者は明るいだけでなく他国からの外国人研修生に比べて我慢強く、注意されてもしっかりとそれを受け入れる素直さがあります。また、協調性にも優れているので日本の「和」の観念にぴったりとはまっています。



そういったところが他国からの研修生より一歩抜きに出ているため、企業側も仕事を教えやすいのではないでしょうか。

初めこそ言葉の壁等でお互いにぎこちなくても、いつの間にか研修生達の朝の元気な挨拶で職場が活気づき社内の雰囲気が明るくなったという声が企業のあちらこちらから聞こえるようになりました。


このような経緯から受け入れる企業側でも今では外国人研修生といえば真っ先にカンボジアを候補に挙げたい、というところが増えているのは当然のことかもしれません。