カンボジア人 外国人研修生の受け入れ

近年、労働力としてカンボジア等の東南アジアの人材が注目されています。


外国人研修生という立場で、受け入れをする日本企業が増加傾向にあります。

カンボジアの外国人研修生に関する情報が閲覧できます。

また、外国人研修生の受け入れを行う場合、受け入れ体制を整備する事が必須になります。
カンボジアは、非常に親日家が多い事で有名です。

また、非常に真面目で勉強熱心な一面を持ちます。

そのため、受け入れ体制を整備して長期的に働ける環境を造り上げれば、大きな労働力として活躍してくれることが期待出来ます。



受け入れ体制を整備して行く中で、教育担当者の選定とスキルアップは、研修生の技能向上に大きな影響を与える為、しっかりと準備して置く事が大事です。


また外国人研修生は、単身日本にやって来て精神的なストレスも抱え込みやすいです。

その為、メンタルケアも非常に重要になってきます。


日本社員とのコミュニケーションを取りやすくする為のオリエンテーリングや、イベント等の計画をする事も有効です。



慣れない異国の地で生活を始める事は、精神的に大きなストレスとなる事を、受け入れ企業側がしっかりと理解してあげる事が重要になります。


カンボジアはアジアにおける日本の重要な友好国の1つです。

日本から様々な援助を受けてきたカンボジア人の、日本に対する感情は非常に友好的です。


生真面目で勤勉な気質に加え、日本に対する友好的な感情は、受け入れ側として安心して受け入れられるポイントになります。

今後多くの海外からの若者を取り入れ国際化を促進して行く事が、今後の日本企業にとって必要になってきます。