カンボジア外国人研修生を雇うメリット

カンボジアの外国人研修生を活用することには様々なメリットがあります。
まず仕事へのやる気と向上心を持った若者を雇用できることによって、会社が元気になる事が挙げられます。

カンボジアの外国人研修生が気になる方はこちらへご来訪下さい。

カンボジアの外国人研修生は、日本に来てしっかりと技術・知識を身につけて、それを祖国のために活かそうという明確な目的意識を持って仕事に当たりますから、ともすれば下手に労働意欲の低い日本人労働者を雇うよりも役立つ場合が多いです。
カンボジア外国人研修生を雇うことは、国際貢献にも寄与できる素晴らしいことと言えます。

同国はひと昔前に内戦で国内が荒廃し、現在立ち直ろうとしている途上にありますが、研修生を雇用することは引いては同国の復興を支援することに繋がります。



日本企業としても同国へのコネクションが作れるというメリットがあります。



研修生は数年したら国へ帰り、日本で得た技能を基に同国の復興の中心的な存在になっていきます。そのような人々と繋がりを作っておくことは、将来日本企業がカンボジアへ進出する際に大きなアドバンテージになることは間違いありません。

外国人研修生を活用することは、離職リスクを低減させるのにも役立ちます。


最近の若者はせっかく仕事に就いても数ヶ月で辞めてしまう事が多いですが、短期間で辞められてしまうと企業としては無駄なコストが発生してしまいたまったものではありません。

その点、研修生は定められた期間は仕事を辞めずにきっちり働いてくれる場合が多いので、業務の安定稼働に有効です。