カンボジア人の外国人研修生は優秀です

日本と同じ仏教国カンボジアから毎年沢山の外国人研修生が日本にやって来ます。

日本人と同じように真面目な性格で仕事熱心が彼等の長所です。
カンボジア国内で選ばれた人だけが日本に来るチャンスが与えられ彼等は一生懸命働きます。
日本語の語学研修所でも真面目な出席率ですし、授業終了後の講師に対する質問の件数も圧倒的にカンボジア人が多いのです。

カンボジアの外国人研修生に今、注目が集まっています。

彼等には夢が有り日本で企業研修を受けながら技術を習得し近い将来には母国に帰り日本企業の代理店業務やカンボジアとの橋渡し等の大きな夢の為に来日しています。



採用した企業からの評価も良く外国人研修生の見本として他の外国人研修生に紹介されています。

一方日本の企業としてもカンボジアを大きなマーケットとして捉え駐在員等を派遣して営業攻勢をかけますが、末端部までいきわたっているかどうか若干不鮮明な所が有るのです。

その点日本の企業で働き日本人と同じ位の能力を発揮してくれる人材は母国に帰っても駐在員と同等いやそれ以上の成果が期待できるのです。
彼等が日本で学んだノウハウを母国で発揮して呉れるだけで大きな成果が期待できるのです。

既に先発隊は日本での研修を終え母国に戻り研修を受けた企業の駐在員として働いています。
その先輩社員の働く姿を見て新たな人材が日本を目指すのです。
この様なサイクルを繰り返す内に単なる外国人研修生であった人材が母国で指揮を取れるような責任ある部署のトップに採用されるのです。